無料ブログはココログ

« アクロス・ザ・ユニバース | トップページ | スパイス カフェ ラッソー »

2011年12月 7日 (水)

八雲町の物産品

太平洋と日本海 二つの海を持つ町 北海道二海郡八雲町(ふたみぐんやくもちょう)
函館から約60キロ、日本で唯一太平洋と日本海を持つ、酪農、農業、漁業が盛んな 自然豊かな町です。
町の観光情報ブログによると、「まず北海道の全体をイメージしてください。シッポみたいに出てる部分がありますよね。そこを手でつかんだ場合、一番つかみやすい部分が八雲町の位置です」と。 あーあの辺りね、とイメージしやすい位置説明がありました。
この地を開拓指導したのは第14代尾張藩主徳川慶勝とあって、愛知県から開拓民として移住した人も多くゆかりが深いということです。

勝川商店街 春日井さぼてんラボ&ショップ こだわり商店 で取扱いがある八雲町の物産品。
今までも、獲れたてのホタテ、生で食べられるとうもろこし、八雲のカチョカバロはじめ各種チーズ、熊石海洋深層水からつくられた塩などなど、美味しいものこだわりのものをたくさんいただいてきましたが 今回店長自ら八雲町に行かれたので、八雲チーズ工房の新製品 ドリンクヨーグルト と お酒好きにはたまらない 高木水産 鮭とば をお土産にいただきました。
このドリンクヨーグルト、半分飲んだら牛乳を足しておくと、乳酸菌がまたヨーグルトをつくってくれるそうで。
鮭とばは、炙ってお酒の肴だけじゃなく、じゃがいもと一緒に炊いてバターを添えていただいても美味しいとか。 どちらも楽しみです (._.)アリガト

Yakumo

こちらの商品、まだお店では販売していません。 <m(__)m>
今後の取扱いについては、こだわり商店でご確認ください。

八雲町観光情報ブログ http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/sightseeing_blog/ 

春日井さぼてんラボ&ショップ こだわり商店 勝川駅から徒歩5分
春日井市旭町1-12 コーポノザキNO3 1F  0568-29-7830
営業時間 10:00~19:00 土・祝11:00~19:00 木・日定休
http://kasugai-saboten.jp/

« アクロス・ザ・ユニバース | トップページ | スパイス カフェ ラッソー »

勝川ガイド」カテゴリの記事

お土産」カテゴリの記事

コメント

 僕はチーズ もらっちゃいました(笑)
 次の弘法市では、たくさん お買い物しなくては。

八雲町のzoeです。八雲町HP観光情報ブログをご覧いただきありがとうございます。
八雲町は北海道の代表的なお土産「木彫り熊」の発祥の地でもあり、北海道の中では大変歴史ある町です。
お時間の空いた時や休憩時間などに八雲町のHPをご覧いただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

ブログに書いてくれてありがとう~

さっそく弘法市に間に合うように仕入れします。「とば」とチーズは必須ですね。
八雲町のもち米と醤油を使って、函館のいかに詰めた本場の「イカメシ」もアツアツで販売しますので、是非お越しください。

12月17日 勝川弘法市 「こだわり商店」です。

EXのナベさん

ナベさんはチーズでしたか (^.^)
次の弘法市 年末年始用のお買い物もぼちぼち 珍しい物が並ぶといいなー。

zoeさん

コメントありがとうございます。
魅力的な町の情報満載の観光情報ブログ、楽しく拝見させていただきました。
木彫り熊も八雲町が発祥地でしたか。
こだわり商店のmikiさんから、滞在中におぼこ荘の朝食ホタテ入りお味噌汁の画像が送られてきました。 自然の中の温泉といい、知れば知るほど訪れたくなる町ですね。

こだわり商店さん

アツアツ 本場のイカメシ いいですね~
寒い時期の弘法市は、湯気ものが嬉しい。
Xmasはワインと一緒にチーズを 暮れは焼酎で とば かな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八雲町の物産品:

« アクロス・ザ・ユニバース | トップページ | スパイス カフェ ラッソー »