無料ブログはココログ

« 藤まつり | トップページ | スクラッチ »

2012年5月 9日 (水)

天津甘栗

甘味無双 天津甘栗の今井総本家
名古屋で天津甘栗といえばここ 大須 万松寺通商店街 東入口角
向かい側にある栗子焼のお店とともに、人気の今井総本家。

厳選された産地、品質の生栗を、小石を入れて包み込むように焼き上げたという艶々の甘栗。 こうばしい良い香りです。 お土産でいただきました (._.)アリガト
栗の皮を割るときに使う “栗のつめ” 付き。
こんな便利グッズがあったのね。 知らなかった。。。
栗のつめで爪形を入れてから、指で押さえるだけで、簡単に皮を割ることができて、爪が汚れない !!! 思えば、爪を汚したくなくて、いつも食べる側だった私。
キレイにパカっとむけるので、面白くてこの後皮むきに徹したのでした。
そして、素朴な甘さとホクホクした味わいが美味しーい。
自然の甘みというか 食べだしたら止まりませんね (・∀・)エヘヘ ご馳走様でしたー。

Tenshinamaguri

今井総本家 名古屋市中区万大須3-30-47 052-262-0728

« 藤まつり | トップページ | スクラッチ »

日々のこと」カテゴリの記事

お土産」カテゴリの記事

コメント

「甘味無双」のキャッチコピーが面白い!
甘栗は日本人の永遠のおやつですよね~。
おそらく嫌いな人はいないのでは・・・?

私も断然「食べる派」だけど
栗の爪などという便利なものがあったら
剥くのも苦になりませんね。

食べた~い

大好物ですぅ~♪

たまにアメ横とか浅草で失敗しますけど

ついつい買っちゃいますww

あの栗を焼く、甘いにおい
( ^ω^ )たまりません。
でも甘栗、結構高いですよね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
かつての仕事では、得意先でしたよー (^_^)!
今も残ってるのかなぁ・・・倉庫として使っていた”防空壕”...?!

絹ママさん

直訳 二つとない甘味 でいいのかなぁ (・∀・)
手が汚れるのは別として、美味しいですよね。
知らなかったんですけど、焼くときに殻を守るために水飴を入れるんですってね。
ベタベタして手が黒くなるのも、美味しさの秘密??

剥いてもらって食べるのが一番と思っていたけど
栗の爪 なかなかハマる代物ですよ

ケーさん

天津甘栗、大好物ですか (゚▽゚*)
そう!たまに失敗があるんです。
ココのは安心の美味しさなんですが、
他で買うと、栗の水分が飛んじゃって、やたら硬かったり。。。
でも、やめられない(笑)

しゅうちゃんさん

子どもの頃から、伯母が遊びにくるときのお土産は
なぜかいつも決まって天津甘栗で
私にとっては懐かしい味でもあります。
いいにおいに惹かれますが 甘栗、結構高いですね

慕辺未行さん

おはようございます
お仕事の、お得意先でしたか
> 倉庫として使っていた”防空壕”...?!
防空壕が倉庫として使われていたのですか!?
小牧市に甘栗専用冷蔵倉庫があるようですが。。。

甘栗美味しいよね~
随分食べてないな~
”栗のつめ”考えましたね! パカッと割れ、コロンっと栗が上手く出てくるとちょっと嬉しくない?(笑)

甘栗食べだしたら止まりませんよね
ほくほくした食感とまろやかな甘みがたまりませんね

ももさん

食べてないですか? 私も久しぶりだったけど (^^ゞ
> パカッと割れ、コロンっと栗が上手く出てくるとちょっと嬉しくない?
凄く嬉しい!! とういか感動した(笑)
甘栗、美味しいんだけど、手が汚れるのと
綺麗に剥けないのがイラっと(笑)
剥くのが面白いくらい見事に二つにパカッと割れました~♪

ゆめちゃんさん

食べだしたら止まりませんでした(笑)
硬くなる前に、美味しいうちになんて思いながらついつい(^^ゞ
ほくほく まろやか~で美味しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天津甘栗:

« 藤まつり | トップページ | スクラッチ »