無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

サツキとメイの家 秋の植物観察

愛・地球博記念公園 愛称モリコロパーク内 サツキとメイの家
2005年3月~9月に開催された愛・地球博(愛知万博)で、映画 となりのトトロのサツキとメイが暮らす家をそのまま森の中に再現した大人気施設。
開幕中は人気過ぎて見られなかった人も多いと思いますが、閉幕後会場跡地が整備され、記念公園となって保存されたサツキとメイの家は現在も観覧することができます。

Satsukiandmeishouse

繰り返し映像で見た暮らしが目の前にあって、大人でもわくわく。 薪をくべる かまど、手押しポンプの炊事場、タイル張りのお風呂、本が積み上げられた洋風の書斎。
昭和30年代の暮らしぶりと、今もそこで草壁一家が生活しているような演出に夢中になります。 家に上がって、いろいろなものに触れて、それぞれの部屋を覗いて
2階に上がる隠し階段も見つけましたよ。 ころがったどんぐりまで忠実に。 まっくろくろすけが出てきそうです。 炊事場の戸棚には、サツキちゃんがみんなの分を作っていたお弁当箱も。 引き出しをあけるたび、凄い凄いの連続!
初めてこの家に二人が引っ越してきた時のように、好奇心いっぱいで探検してきました。

Baketsu

メイちゃんがおたまじゃくしをすくおうとした底が抜けたバケツ
庭に出て、季節のイベント “秋の植物観察” ここの庭にある植物を探してみよう!だったけど・・・サツキちゃんとメイちゃんのお庭ですよー楽しい仕掛けがないはずがない(笑)
手押しポンプの井戸で足踏み洗濯をしていた大きなたらい。カンタ君のおばあちゃんの手作りおはぎをみんなで食べた縁側などなど 外に出ても古き良きものがいっぱいで。。。
家の中に時間をかけ過ぎたのとで、植物観察の時間がなくなってしまった (>_<)

Bicycle

三人乗りしたお父さんの自転車 辺りに “つわぶき” 庭の花壇に “われもこう” くらいしか探せなくて・・・ 30分の観覧時間は、あっという間。 入れ替え制なので、1回の観覧では全部をじっくり見られないのは残念ですが、トトロファンなら何度でも訪れたくなる、どこか懐かしくてほのぼのとした風景があります。
冬の足音が近づいて、秋の植物観察は明日11/30で終了、駆け込みで行ってきました。
12/4(火)~2013/2/28(木)までの平日は、観覧時間が45分に延長されて、おうちの中がもう少しゆっくり見られるようですよ! 新しいイベント “ものさがし” も楽しそうです。

愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
観覧料500円 通常1回の観覧時間約30分間 家屋内の写真・ビデオ撮影はできません。

Morikoropark

2012年11月26日 (月)

柿おはぎ

柿安本店 和菓子の口福堂

柿安と言えば牛肉しぐれ煮ですが、素材をいかした和菓子も美味しい。
北海道産の小豆を使った控えめな甘さの、名物 おはぎ。
一つ一つ手作りをしているのが見えるお店の前を通るとついつい買ってしまう。
きな粉、黒胡麻おはぎを買うと、きな粉も黒胡麻もたっぷり入れてくれるので、後でおだんごにかけたり、牛乳に入れたり再利用をして楽しめる ←私だけですか ??? (笑)
大好きな和菓子屋さんの前を通ってしまったのでね 見つけてしまいました。
柿おはぎ !? w(゚o゚)w 珍し~い !!! 何これ何これ状態 ちょっと可愛いじゃない♥
白いつやっつやのおはぎに、柿羊羹のトッピング。 限定品だそうです。
干し柿あんって言われたかな ?? 中にぽってり甘い柿あんこが入ってました。
熱い緑茶と一緒に、甘党の至福の時です。
柿おはぎ 1個 100円 大きめのサイズでしたがペロッと2個いただきました。
もう秋も終わりだというのに、なんでこんなに食べるものが美味しいんでしょね (@Д@;

Kakiohagi

2012年11月22日 (木)

愛岐トンネル群と廃線跡地

よみがえれ! 旧国鉄中央線の愛岐トンネル群
産業遺産トンネル群と廃線跡の自然を歩く「第10回特別公開」

庄内川沿いの渓谷に残る 旧国鉄中央線3号~6号トンネルと廃線跡地。
蒸気機関車から複線電化で新ルートに電車が通るまでの間使用された後、半世紀余りの間 生い茂る樹木に隠れ、手付かずのまま忘れ去られていた場所。
2006年に発見されて、重要な産業遺産を後世に残そうと保存再生活動が始まり、5年前から年に2回、春と秋に一般公開されています。(公開日以外は立入禁止地域)
愛知県春日井市の高蔵寺駅と岐阜県多治見駅の間 8キロにも及ぶ廃線跡には、13基もの明治期の赤レンガトンネルが現存しているそうです。
一般公開されるのは、3号~6号トンネル。約1.7キロ、往復3.4キロ(約2時間)の自由散策。

誰とも予定が合わず、土日は混みそうだし・・・久々の ぼっち参戦(笑) でも定光寺駅に降り立って、やっぱり一人でも来て良かった~ 絶景が広がります。

Jyokoji

受付で見学料100円を払って、てくてく スタート。 ここを訪れるのは3度目。 廃線跡地ですからね、少々歩きづらいのと、トンネルの中は暗いので懐中電灯が必要ですが、馬蹄形の総レンガ造りのトンネルに魅せられています。 あ!今年は少しだけトンネル内ライトアップがされていました o(*^▽^*)o

Tunnel3

長い間人の手が入らずとも、こんなに良好な状態で残っています。暗いトンネル内を懐中電灯で照らすと内部も全て総レンガ積み、とても丁寧な造りで綺麗です。
強度に優れたイギリス積みレンガの技法だそう。

Tunnel

4号トンネルを抜けると、推定樹齢98~110年県下最大のモミジ。三四五(ミヨイ)の大モミジ
トンネル工事の時に一度は切り倒され、切り株から芽吹いたモミジが大モミジに。

Momiji

初めて来た時はこのモミジと一緒に写真が撮れたけど、もう今はロープが張られ近づくことができません。 訪れるたび整備が進み、進むごとに人が増え、保存、管理するには仕方がないことなんでしょうね。 平日だというのにかなりの混雑でしたが、モミジをはじめ玉野古道跡に残る樹木や豊かな自然を見ながらのてくてく レンガ広場のミニコンサートなども聴きながら、癒しの時間を過ごしてきました♪

Dobin

愛岐トンネル発掘の過程で、駅弁に使われていたお茶の土瓶が発見されたということで、
今回“復活 汽車土瓶”なるものがお土産に売られていました。
売上げ益金は、廃線跡再生基金となるそうなので、私も協力です。

公開期間 11月22日(木)~27日(火)の6日間
開場 午前9時30分 入場は午後2時まで(閉門 午後3時) * 雨天中止
見学料 一人100円 * 事前申込み不要
交通手段 JR中央線「定光寺駅」下車 無人駅なので乗車駅で往復切符を。
* 会場周辺に駐車場なし

2012年11月20日 (火)

りんごの鬼まんじゅう

ほんのりピンク色の鬼まんじゅう 浪越軒 りんごの鬼まんじゅう

愛知県を中心とした東海地方の 昔ながらのさつま芋のおやつ 鬼まんじゅう。
小麦粉の生地に角切りのさつまいもを入れて蒸しただけの、素朴な芋まんじゅうです。
鬼の角や金棒を連想させるような ゴツゴツした形から、こう呼ばれるとか。
慣れ親しんだ鬼まんに、りんごが加わって、鬼まんと呼ぶには ちょっとキュートになって(笑) 売られていました。 秋限定 ?? こんなの初めてです!
りんごは先に煮てあるのかしら ??  生のまま蒸してもこんな風になるのかなぁ ??
食感は柔らかいけど、角切りりんごがゴロゴロ入っています。
もっちりした生地は爽やかな甘さも加わって、いつもの鬼まんとはまた違う美味しさ !!!
ほっこり甘いさつま芋と、少し甘酸っぱいりんごが良く合います。

買ったののように上手くはいかないと思うけど、ちょっと家庭でも試してみたくなる新鮮な美味しさでした~♪ りんごの鬼まんじゅう 1個 160円

Appleoniman

浪越軒 名古屋市守山区八剣1-311 052-799-2681

2012年11月17日 (土)

ライトアップ岩屋堂

大きな岩のほこら 岩屋堂や、暁明ヶ滝など、迫力ある自然景観が楽しめる岩屋堂公園。
見ごろになった紅葉のライトアップが始まったので、夜の岩屋堂に行ってきました。

入口総合案内所で、みどころ・おすすめMAPをいただいて順路にそって散策コースを。
年々整備され、園地内随所で 和みの陶あかり、竹あかりアートが楽しめます。

Lightup

岩屋堂や暁明ヶ滝もライトアップされて、昼間とは違う幻想的な世界。黄金の滝のよう !!!

Taki

公園の中を流れる川沿いの紅葉が美しい。鏡面湖 ライトに照らされ水面に映る 色とりどりのカエデ、山もみじ 吸い込まれそうな 怖いくらいの美しさです。 ほぼ完全な鏡面 !!!

Kyomenko

Kyomenko2

Kyomenko3

綺麗~ しか言葉が出ないほど感動
あまりの素晴らしさにいつまでも見惚れてしまいました。゜.+:。(゜o゜)゜.+:。ウットリ

ボランティアによって運営されているという岩屋堂のライトアップ。
安全に見られるように、多くの方が配置され、こんばんはー足元に気をつけてくださいねーと声掛けをいただきました。 日本の風情ある景色と一緒に、温かい気持ちもいただいてきましたよ。 今年も素晴らしいライトアップを見られたことに感謝です。

もみじまつり11/3-12/2(日) ライトアップ岩屋堂 11/16(金)-25(日)17:30~21:00
愛知県瀬戸市岩屋町

2012年11月15日 (木)

でくの棒

戦の疲れもとれる !! でくの棒 映画 “のぼうの城” 特製 ツボ押し棒

某新聞社女性向けサイトのシネマコーナー 試写会に応募するも、今までに一度も当ったことがなく・・・ 当然 のぼうの城 もハズれて、自力観賞済みでしたが
\(^o^)/プレゼント応募をしていた、特製 でくの棒 当りました~(*^ー゚)b!!
長さ12cmほどのツボ押し棒です。
最近疲れがたまってイライラするから ツボの位置を確認しながら ぐぅーっと 気持ちい~い

映画はお金を出せば観られるけど、これは当らなきゃ手に入らない ??? もんね(笑)
プチハッピーいただきましたー♪

Dekunobo

2012年11月14日 (水)

赤こんにゃく

滋賀県近江八幡名物 赤こんにゃく
派手好きな織田信長が、こんにゃくまで赤く作らせた ??? 諸説あるようですが、近江八幡では昔からこんにゃくは赤色だったそうで。
それも独特の赤。レバーのような塊り!強烈なインパクトです。こんにゃくといえば、黒と白しか知らなかったので、初めて見て 驚きと珍しさで買ってきました。
この赤い色は、三二酸化鉄という食品添加物で染められて、食物繊維やカルシウムの他、鉄分まで摂取できる優れもののようです。

Akakonnyaku

おしょうゆ煮を買ったので そのまま食べられたけど、赤こん料理レシピを見ていたら、やっぱりありました !!! 一目見たときから、レバーだな と思っていたのですが・・・
薄切りにすれば生レバーそっくり ( ̄ー ̄)ニヤリ

Akakon

真似してやってみました。 なんちゃってレバ刺し レバ刺し風赤こんにゃく です。
赤こんにゃくを薄切りにして、ゴマ油と塩でいただきました。
食感も良くて、私的にはレバ刺しよりもさっぱりしていて好きかも 美味しい !!!
こんにゃく ところ変わればの初体験でした~(*^ー゚)b!!

2012年11月11日 (日)

京都のお土産

京都のお土産あれこれです。 日帰りバスツアーなのに、いったいどれだけ・・・
食いしん坊の性というか、女性の性 m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン というか、自宅用?? 自分用?? と 差し上げる分とで、まぁ凄いことになってしまいました。

まずはお漬物 大好きなので 京つけもの「西利」 全国の主要百貨店で取り扱いがあって、お取り寄せも簡単にできるのに・・・なぜか買って帰らなきゃ!って気になるんですよね(笑) お漬物って結構重いんだけど (^-^;

Tsukemono

やっぱり千枚漬は外せないでしょう。 種類が多いので、迷って迷って 赤かぶら、ひとくちなすのからし漬、山ごぼうの醤油漬。 温かいご飯とお味噌汁と漬物 最高♪

Oimatsu

老舗和菓子店「老松」の渡月橋 サブレーに和三盆クリームをサンドした絶品です !!!

Omatchapudding

宇治抹茶を100%使った「京みがわ」の京のお抹茶プリン 香り良いなめらかなプリンで抹茶がとっても濃い!抹茶ソースでさらに際立ちます。
カントリーマアムがコラボした、京のお抹茶プリン風味。個包装でみんなでどうぞに最適。

Yojiya

日本一のあぶらとり紙「よーじや」 よーじやコスメ 練り香水 フルーティフローラルの香り
ピンクゴールドのチャームタイプのケースに入った限定品 ←に弱い
まゆごもりシリーズのハンドクリーム
優しいフローラルの香りで、のびが良くて、よくなじみます。 手荒れが気になるこれからの季節に活躍してくれそう。 今回の食べないもの2品(笑)

お買い物も旅行の楽しみの一つ。 美味しいもの、買ってきたものを忘れないための記録に書きとめておきます ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

2012年11月 8日 (木)

京のおばんざい食べ放題と嵯峨野トロッコ

秋の京都へ日帰りバスツアー “京のおばんざい食べ放題と嵯峨野トロッコ” 嵐山散策

春日井、小牧各地をまわり、小牧ICから名神高速道路で一路京都へ。
旅行行程 どこも観光してないのにまずご飯(笑) 八つ橋庵 京のおばんざい食べ放題
京都ならではのお野菜や、松茸を使った料理、種類が豊富で、一つずつ取っていたら知らぬ間に凄いことに w(゚o゚)w 盛り付け方が綺麗じゃないけど (^_^; お味はどれも美味しかった~ !!! 50分の食べ放題 和スイーツもいただいてお腹パンパンです。

Obanzai

嵐山自由散策 上着なしでOKな、歩いていると汗ばむくらいの暖かい日で・・・やっぱりコレは外せないでしょ。別腹ですからね(・∀・)ニヤリ 創作ソフト サガパーのソフトクリーム。

Softcream

八ツ橋ソフト 320円 おとうふソフト(ワッフルコーン)370円
京都名物八ツ橋を練り込んだソフト。特有のニッキの味が爽やか。 ザ とうふ!
嵐山の紅葉の見ごろは中旬から下旬と聞いていたので、やはり少し早かった。
それでもやや色づきを感じる嵐山と、渡月橋を眺めながらのんびりアイスタイムです。

Togetsukyo

食べた後は、しっかりカロリー消費のてくてく。 天龍寺、竹林の径・・・ホントお天気が良くて、見るもの全て美しい。 景色も、お店巡りも、久しぶりの嵐山を満喫。

Tenryuji

Chikurinnomichi

古都芋本舗 裏ごししたさつまいもの表面を焼き上げた「古都芋」 白ゴマ、黒ゴマ。
自然の甘さをいかした素朴な味わいの芋きんつば。

Kotoimo

本日のメイン 嵯峨野トロッコ列車
トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までを結ぶ 7.3km DE10というディーゼル機関車を使用して、平均時速約25km 景色を楽しみながらゆっくりとしたスピードで走ります。

Train

山あり川あり渓谷あり、トンネルをくぐり橋を渡り、広がる素晴らしい景色。よく見えない側だったのは残念でしたが、約25分観光列車に乗って保津川渓谷の美しさを楽しんできました。

Keshiki

今回もまた、休みが合ったトモと急遽申し込んだバス旅行。
2回目ですからね、まだまだ初心者。 周りのお姉さま方のバスツアーの心得 ?? 楽しみ方 ?? を研究しながら(笑) 無事に工程を終えて帰ってまいりました。
春日井→京のおばんざい食べ放題→嵐山散策→嵯峨野トロッコ嵯峨駅~亀岡駅→春日井
旅行代金 7,980円也

2012年11月 4日 (日)

花火コンサート

音と光のファンタジー 花フェスタ 花火コンサート
秋の夕暮れのクラシックコンサートと、レーザーと音楽に合わせて秋の夜空を彩る花火。

花フェスタ記念公園 2012 秋のバラまつり 期間中様々なイベントが行われているようで、その一つ、メインイベントかな ??? 入園料以外は、無料で楽しめるオープンホールでのクラシックコンサート と カラフルなレーザーと1,100発の花火と音楽の共演。
早めに行って、秋のバラを楽しんでからの鑑賞がベストでしたが、都合上ギリギリの入園で・・・人、人、人、凄い人です !!! 大混雑で、クラシックコンサートは、遠巻きに音色だけ。
でも、花火は 噴き上げと聞いていたので、なるべく前方の良い場所を陣取って。

Hanabi

(・_・)エッ....? 打ち上げも花火もあるじゃないですか! 真上だよ(笑) ちょっと首が痛いけど 紅葉する木の上に、降り注ぐように見える花火 とっても幻想的 ♥
カメラがね 夜景、花火、暗いところの撮影が苦手なんで (^-^;
感動を伝えられないけど・・・とにかく感動 !!! うゎー凄い!キレーイ!しか言葉が出ない(笑) ♪I Will Always Love You 歌声とゴージャスな演出に鳥肌ものでした。
一夜限り、30分ほどの秋の花火。 映画音楽他、お馴染の音楽にのせて、軽快に上がる花火を、しばし寒さも忘れて楽しんできましたーヽ(´▽`)/

Hanabi2

花フェスタ '95 ぎふ 会場の後、再整備を行って誕生した 花フェスタ記念公園。
80.7ヘクタールの広大な敷地のなかに、世界有数の約7,000品種を誇るバラ園があります。
一年で最も美しく香り豊かなバラが堪能できるといわれる、秋のバラまつり開催中。
2012/10/13-11/11(日)
岐阜県可児市瀬田1584-1 0574-63-7373
入園料金 春・秋バラまつり期間中 大人 1,000円 通常 300円 高校生以下 無料

2012年11月 2日 (金)

干し甘柿

今年初です。 袋いっぱいの柿がやってきました♪
時期がくると、あっちからもこっちからも、よーく集まってくるんです(笑)
というのも何年か前から私が干し甘柿を作るようになったから。
柿は、ビタミンC、カロテン、タンニンたっぷり 栄養価が高い果物だけど、柿の木がある家庭では持て余すのかな ??? ありがたく頂戴して、恒例の干し甘柿づくりです。

Kaki

久々に、つり下げ3段ネットの登場!(◎´∀`)ノ
皮をむいて5mmくらいの厚さに切ったら、重ならないようにネットに並べて 天日に干すだけ。 急に冷え込んで、冷たい風が吹きだしたから、いい感じに乾いてくれそう。
空気が冷たくなると、素材を引き締めて、より旨みを引き出してくれるんですって。
まだかなり硬い柿だったから、最初は4個だけ。 1段につき2個、2段分干しました。

Hoshinet

硬い柿は扱いやすいので、薄く切って。 追熟させてから、少し厚めのくし型切りで干しても美味しいので、日にち差で作ります。 お日さま都合で適当だけど、風通しの良い場所につり下げて、時々表裏を返しながら ゆらゆらさせるだけで甘みが増して美味しくなる。

Hoshiamagaki

3、4日で季節の手軽な保存食の出来上がりです (*^ー゚)b!!
そのままおやつでつまんだり、クリームチーズと一緒にいただいたり、ドライで持ち運びやすいので、ファスナーバッグに入れて お山のトモにも。密封容器に入れて冷蔵庫で保存。
秋の味覚 そのままでもいただいても美味しい柿を、長く少しずつ楽しみまーす♪

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »