無料ブログはココログ

« 美濃 天王山もみじ谷 | トップページ | カレー煮込みスタンプラリー »

2014年11月27日 (木)

和紙とうだつの町散歩

本美濃紙 ユネスコ・無形文化遺産登録 おめでとうございます

古の町並みと和紙で知られる 岐阜県美濃市
まもなく無形文化遺産に登録される美濃和紙の あかりアート館と
重要伝統的建造物群保存地区うだつのあがる町並みを訪ねました。
そう 訪れたのは、1週間後に正式に決まります というときでして・・・

同じく美濃市の大矢田神社 天王山登山の後 せっかく近くまで来たから
世間が騒がしくなる前に、一足お先に本美濃紙を見ておこうと(笑)

美濃和紙とあかりをテーマにした 美濃和紙あかりアート館
2階ミュージアムでは、独創的で幻想的なあかりアート作品を見ることができました。

Akariart

Akariart2

美濃和紙を透した柔らかくて温かい灯り

Akariartfestival

うだつが上がる町並み 家々の屋根の両端、妻に立ち上がっているのが“うだつ”
和紙で財をなした商人が富の象徴として競った芸術的うだつが残っています。
本来は防火壁だそう。 知らなかった ^^;

Udatsugaagarumachinami

Udatsugaagarumachi2

美濃和紙の問屋、宿屋、造り酒屋・・・ ゆっくりめぐるのが似合う町だけど
都合上駆け足になってしまいましたが、心和む素敵な町でした。

« 美濃 天王山もみじ谷 | トップページ | カレー煮込みスタンプラリー »

お出かけ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ・・・少し調べてみちゃった!
年中下積みになってる「うだち」が転じて「うだつ」に
なったとか? うだつを作るには相当の費用がかかり
まさに富の象徴だったんだね~ 
実際に見たことはないから・・・いいものを見せてもらったわ^^
歴史を感じるわね~

美濃の和紙は有名
和紙のあかりはなんとも温かみがあって素敵~♡
こんな灯りが似合う住まいに住めたらいいのにネ
和室はたったのひとましかありませんから(;_;)

もっとゆっくり楽しめたらなお良かったのにネ

絹ママさん

調べてみたのね^^ サスガ!!!
詳しい様式はわからないけれど、同じものはない
装飾が施された見事なうだつ
日本家屋を見ることも少なくなった今
うだつが上がる屋根が町並みとして残っているって凄いことね(*^ー゚)b!!

和紙を透すとなんでこんなに温かい感じがするんだろう
ほっとする灯り♡ 幻想空間よ
欲しいなと思ったけど、我が家にも合う部屋がありません^^;

滞在時間少なかったから今度はゆっくりと行ってみたいわ

こんにちは。
 
ユネスコ・無形文化遺産登録されましたね〜。
おめでとうございます。
 
先日 たまった録画ものの中から美の壷を見つけ、
たまたま障子がテーマだったのですが
本美濃紙のことも紹介されていました。
それを見た後の登録発表だったので
何だか とても身近なものが認められたようで
本当に嬉しかったです shine
 
お写真の灯り、美しいですねえヽ(´▽`)/
うだつの上がる町並みも素敵です。

花mameさん

こんにちは
美濃市に行って本美濃紙の良さをこの目で見てきたばかりで
私もとても嬉しく思いました。
美濃史料館にもなっている和紙問屋旧今井家住宅は
全て本美濃紙の障子 本物の美しさ柔らかさを醸し出していましたよconfident
この素晴らしい和紙文化をずっと受け継いで欲しいですねshine

温かい美濃和紙のあかり
秋にはうだつの町並みを会場にあかりアート展が開催されるそう
幻想的に照らされたうだつの町も是非見てみたいです。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/58101042

この記事へのトラックバック一覧です: 和紙とうだつの町散歩:

« 美濃 天王山もみじ谷 | トップページ | カレー煮込みスタンプラリー »