無料ブログはココログ

« ふるさと県人会まつり | トップページ | ジブリの大博覧会 »

2015年9月15日 (火)

天空の蜂

東野圭吾さんの本は結構読んでる方だと思うけど、 これはまだでした。
映画になると知って、慌てて読んだ感じ (*´v゚*)ゞ
先に本を読むと、映画で描かれない部分に物足りなさを感じることもあるのだけれど
とにかく公開前に読んで、観たかった。

ベストセラー作家 東野圭吾が原発テロ事件を描いた同名小説の映画化

最新鋭の超巨大ヘリコプター ビッグBが何者かに奪われ
無人で福井県の原発 高速増殖炉まで飛び、上空でホバリングを始める。
“天空の蜂” を名乗る犯人の要求は日本中の原発破棄
ヘリの燃料切れで原子炉への墜落を阻止すべく、危機に立ち向かう人達の攻防。

結末も知っているのに、ハラハラドキドキしどうし。
本の中でも緊迫の状況が実写化されるとやっぱり凄い !!!
難しい専門知識も映像で見ると分かりやすい。

開発の舞台はキット○○重工、愛知県警、小牧基地といった
当地に関わりを持つ名称が登場するのも興味を持った理由の一つ。
遠隔操作で格納庫からビッグBを出すシーンって、名古屋空港辺りかしら ??
一瞬だけど、いつも眺めている滑走路の景色のように映ったのは私だけ?
それはさておき

原作が書かれたのは20年前だとか。 知らなかったこと、知ろうとしなかったことが
本と映画を通して見えてきた気がします。
今だからこそ原発問題を深く受け止めて、考えさせらるストーリーでした。

Tenkuunohachi

« ふるさと県人会まつり | トップページ | ジブリの大博覧会 »

日々のこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/61662036

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の蜂:

« ふるさと県人会まつり | トップページ | ジブリの大博覧会 »