無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月24日 (火)

バックヤードツアー

中日本興業60周年記念特別企画
映画館の裏側見せちゃいます! バックヤードツアー

映画を観に行くたびに、映画チラシや情報誌のチェックを欠かさない。
全くクジ運のない私だけど、日ごろの隅々チェックが功を奏したか ??
どうしても見てみたい!という思いが通じたか ??
何気に見つけた参加者募集用紙に記入して投函したところ まさかの当選 !!!
ミッドランドシネマ名古屋空港のバックヤード ウェルカム☆ツアーに参加してきました。

コンセッション ソフトクリーム作り体験、チケット発券体験
舞台挨拶時の役者さんの控室で、
昔のフイルムと現在のデジタル版を前に、映写に関する説明を聞きながら
つい10日前 「劇場版 MOZU」の大ヒット御礼挨拶で登壇された西島秀俊さんが
ココに座られたかもしれない♡ ?? と ↗↗↗  ただのミーハーおばちゃんと化す(笑)

シネコンの舞台裏、映写室、映写機の操作、スクリーンサイズや音響、照明にいたるまで
最新の技術って凄いのね!見るもの聞くこと全てが新鮮で、凄い凄いしか言葉が出ない。
おそらく映画館にはよく行っている方だけど、
これからはちょっと違った角度からも映画が楽しめそう。貴重な体験ができました (´▽`)/

Welcometour

中日本興業 マスコットキャラクター “ナッくん” と記念撮影

Nakun

お土産に、年代ごとの懐かしい映画の資料と、映画ご招待券、ポップコーン引換券も♪
今年の運はこれで使い果たしたな(笑)
盛り沢山なバックヤードツアーを企画していただいて、当てていただいて感謝感謝です。

Pamphlet

2015年11月23日 (月)

MIM ミム

MIZKAN MUSEUM “MIM” ミツカン ミュージアム ミム

2015年11月8日にオープンしたばかりの、ピッカピカのミツカン体験博物館。
酢づくりの歴史や、食文化の魅力にふれ、楽しみ学べるMIM。

運河沿いの黒塀の景観になじむ趣ある建物

Mim

Handaunga

見学は事前予約制
5つのゾーンからなる館内を、70分のガイドツアー+自由見学エリア20分で見学します。
江戸時代の酢づくり、現在の醸造の様子を学び、お酢を運ぶ弁才船に乗って航海を体感し ・・・ 盛りだくさんな内容のガイドツアー。

Mim2

寿し屋のルーツは屋台なんですって。 交通網が整備され様々な食材が運ばれていた江戸で、庶民の間で手軽な外食として、そば、寿し、天麩羅の屋台が繁盛したそう。

Sushiyatai

自由見学エリアでは、お寿司やお鍋をテーマに、なりきりすし屋でにぎり寿司体験、なべエクササイズ、味ぽんスタジオでマイ味ぽんラベル作りなど、体験を通じて食の魅力を学ぶことができます。 ↓食べ放題じゃありませんよ~(笑) ド迫力の寿司模型展示 w(゚o゚)w

Sushi

Su
新しい施設で、日時予約制で、年内の土日は既に予約がいっぱいでしたが
平日ならば時間によっては前日でも少しの空きがあることも
インターネットの予約状況を確認して、ポチっとして急遽参加することになりました。
お酢好き、お寿司好き、これからの季節はお鍋も増えますしね。
お子さまは自由エリアがやっぱり楽しいかな ??
あっという間の90分、ますますお酢摂取が増えそうな楽しい見学ができました。
入館料 大人300円 お酢ドリンクの試飲あり お土産はペーパーおすしクラフト
自分の写真ラベルの「マイ味ぽん」を作るのは有料 200円です。 モチロン ツクリマシタ ^^

Mimomiyage
MIZKAN MUSEUM MIM

2015年11月20日 (金)

蔵のまち

愛知県半田市 蔵と運河のある風景
江戸時代に栄えた半田運河沿いに 今も建ち並ぶ黒板囲いの醸造蔵
昔ながらの風景が楽しめる散策スポット 蔵のまち

ここから特産の酒や酢が江戸へ運ばれたそうです。

Handaunga2

訪れたのは、國盛 酒の文化館。
清酒 國盛 クニザカリ 創業1844年 国と共に盛んになれ と込められた名前なんですって。
かつての酒蔵に、伝統の酒造りに使われた道具や資料が保存されています。

Sakenobunkakan

酒造りの歴史を伝える展示品の数々
時代劇に登場するような大きな徳利、酒文化の移り変わりが見られる小売容器。

Sakenobunkakan2

これからの時期に活躍しそうな、珍しい燗付器。
近ごろめっきり日本酒ファンなので、日本酒にまつわるものあれこれが興味深い。

Kantsukeki

館内を見学した後は試飲もありました *^▽^*
お土産に 爽やかな飲み口の季節限定 “大吟醸ひやおろし” と
ノンアルコール 米と米麹だけで造った自然な甘みの “酒蔵のあまざけ”
粕汁もつくりたいので、酒粕も忘れずに。

Nakanosyuzo

ぷらっと電車で行ったことも忘れ、お酢の博物館にも寄って瓶物ばかりのお土産
帰りは大変なことになったけれど (*´v゚*)ゞ オカゲデ ヒトツ モクテキチニ イケナカッタ・・・
「かおり風景100選」に選ばれる醸造蔵の景観
落ち着きのある静かな蔵のまちで、プチ旅気分を楽しんでまいりました。

できればお酒とともにいただきたかった(笑)
*** 美味しい写真 *** 半田駅前のいわし料理 円芯さんの いわし弁当
お刺身、天ぷら、酢の物、煮物、いわし味噌 あれこれ少しずつ
茶わん蒸し、赤だし付きで 1,050円也

Iwashibento

2015年11月15日 (日)

ライトアップ岩屋堂

愛知県瀬戸市の紅葉スポット 岩屋堂公園

川面に映る絶景の紅葉
今年もライトアップが始まったので、夜の岩屋堂公園に出かけました。

Iwayadopark

Iwayadolightup

公園の中を流れる川の水面に、ライトに照らされ映る 色とりどりのカエデ、山もみじ
完璧な鏡面に ゜.+:。(゜o゜)゜.+:。ウットリ ♡
毎年同じことを言ってるのだけれど、暗黒に吸い込まれそうな(笑) 怖いくらいの美しさ。

Iwayadolightup2

Iwayadolightup3

ライトに輝く紅葉の幻想的なさんぽ道。
もみじ橋を渡る人達も、影絵のように映って素敵です。 絶景ビューポイント
紅葉と灯りが織りなす和みの世界 ライトアップ岩屋堂を楽しんできました。

年々整備され、素晴らしさも知れ渡って(笑)人出も凄いことになっているよう
静かな雰囲気の中でこの景色を眺めるのなら、平日の8時くらいが狙い目でしょうか ??

渋滞緩和に、土日祝日は臨時バスや、臨時駐車場からシャトルバスが出るそう。
チェックしてお出かけがおススメです。 チュウシャジョウリョウキンガ ネアガリシタシネ ^^;

第9回 ライトアップ岩屋堂 2015/11/13(金)-23(月)17:30~21:00
ライトアップ開催期間 駐車場料金 800円 愛知県瀬戸市岩屋町 岩屋堂公園

せと・まるっとミュージアム

2015年11月11日 (水)

パイナップルの花

鉢植えミニパインに花が咲きました !!!

パイナップルに花が咲くって知らなかったし
パッと開いた大きな花弁じゃないけれど、これは花よね *^▽^*

Pineappleflower

3年前の夏に買った観賞用ミニパイン
鑑賞後は、鉢パイン栽培にチャレンジしていたものの
3年経ってもなかなか成長が見られず ・・・ と思っていたら、
つい1ヶ月ほど前から急激な変化が見られるようになった(笑)

今 花が咲いたということは、パインの実だと思っていたものは何だ ??
ちょこんとらしきものが付いているだけだったのに

20151012

1ヶ月でぐんぐん茎が伸び ヒョロヒョロと30cmほど (ちょっと栄養不足な伸び方ですが)
すっかりパインの形になって、白に先が薄紫色の細長い形の花をたくさん付けています。

20151110

上から見るとこんな感じ ちょっとキュートでしょ ^^

Pineapple

只今のパイナップルサイズ 3×2cmくらい 
この花が枯れたらいったいどうなるんでしょう ?? 興味津々な観察の日々

2015年11月10日 (火)

柚子玉

高知県大豊町の低農薬柚子玉をお取り寄せ
昨年初めて注文した柚子玉が大満足だったので 今年もお願いしました。

冬至の頃 = 柚子の時季 と思っていたけれど
意外と早くに収穫できるものなのね 知らなかった (*´v゚*)ゞ
10月下旬から収穫次第順次発送の予約注文を利用して、先週早々に到着。

5kg入り 3,000円(送料別)
多少キズはあるものの、有機低農薬で安全な柚子玉 良い香りです。
大小混 全体にちょっと小ぶり ?? で、全部で40個ちかくあったような。

Yuzu

昨年より1ヶ月早い“ゆず茶” 作り

綺麗に洗った柚子の水気を拭いて、半分に切って果汁を絞り、皮は細く刻む
あとは砂糖と一緒に混ぜ合わせて保存びんに詰める。
たったこれだけのことだけど、気忙しくなる前に手に入るはありがたい。

自家製ゆず茶 体がぽかぽか温まって、冬を乗り切るお助けドリンク (v^ー゜)!!
これで いつ寒くなっても安心です(笑)

Yuzucha2015

2015年11月 3日 (火)

やっとかめぐり

まちじゅうを舞台とする「芸どころ・旅どころ・なごや」の祭典 やっとかめ文化祭 2015
サアサア、おりゃれ、おりゃれ。

さあさあ、いらっしゃい、いらっしゃい で良いのかしら ???
“芸どころ名古屋” と言う言葉は耳にするけれど、
どんな芸が盛んな土地なのか、じつは全く知らなかった (*´v゚*)ゞ

名古屋は、狂言、和泉流狂言の発祥の地なんですって。
日本の芸能の多くは、人々が行き交う “まちかど” から生まれたそう
江戸時代、尾張徳川家に育まれ、名古屋のまちかどを賑わした伝統芸能を
現代のまちなかストリートで体験。

芸どころまちなか披露 大須商店街ふれあい広場
常磐津、講談、辻狂言 ・・・ それぞれ30分ほどで、全演目観覧無料 !!!
初めてでもわかりやすい解説付き (*^ー゚)b!!

辻狂言を見たあとは狂言プチ体験
柿の木に登って、柿を食べる仕草を狂言師の方がレクチャー中。みんなでチャレンジ

Yattokamefestival

芸どころ名古屋舞台、まちなか寺子屋、歴史まち歩き 100を超えるプログラム
有料プログラムもあるけれど、名古屋ゆかりの伝統芸能、歴史文化に親しむチャンス。
さらに、すべての会場がスタンプポイント 「旅人スタンプラリー」
スタンプを集めるとオリジナルグッズがもらえるそうです。

Yattokamestamprally

この文化祭に合わせて、名古屋の和菓子屋さんが期間限定の特別にあつらえた
和菓子めぐりもあるのでね。 コチラが本命か(笑)

まだスタートしたばかりだけれど、身近な笑いの旅にせっせと出かけたいと思います。

やっとかめ = 名古屋方言 久しぶり

やっとかめ文化祭

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »