無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月14日 (日)

チョコメダコメダ

コメダ珈琲店のチョコ祭り
コメダのソフトクリームがバレンタインにあわせてチョコソフトに
Ms.コメダの魔法の呪文 “チョコメダコメダ” チョコ色に染まれ~

いつも食べてるバニラソフトクリームが全部チョコレートのソフトクリームに変身
人気商品シロノワールもクロノワールに
クリームコーヒーや、珈琲ジェリー、アイスココアにクリームソーダまで w(゚o゚)w
ソフトクリームを使った商品は全てチョコソフトに変わっていました !!!

フランス語で “黒” の意味のノワール
黒っぽいデニッシュ生地のパンケーキの上に白いソフトクリームが乗っているところから
白ノワール=シロノワール が名前の由来とか。

今だけ限定 黒×黒 クロノワール チョコレートソースがかかったダブルチョコ味
バレンタインのコーヒーのトモにピッタリ(v^ー゜)!!
ミニサイズのクロノワール ミニクロノワール 美味しくいただいてきました♡

Kuronoir

2016年2月 7日 (日)

マシュマロチョコバー

無印良品 「自分でつくる」シリーズ マシュマロチョコバー

MUJIのValentine's Day この時期になると登場する、
用途やレベルに合わせた手作りチョコキットが楽しい。
オーブンをつかわない、今年の新商品 のリストから、とにかく簡単そうな(笑)
混ぜるだけで、チョコバーが簡単にできるキット
マシュマロチョコバーを選んで作ってみる。

Marshmallowchocolatebarkit

セット内容の他に、自分で用意するのは、食塩不使用バター20gと湯せん用のお湯だけ。
使用する道具は、アーモンドスライスを炒る用のフライパン
湯せんに大小のボウル、チョコを混ぜるヘラ、包丁、冷蔵庫 くらい
固める用の紙トレーやラッピング袋までセットされているので、
これだけ買えば家にあるものだけで済むのが嬉しい。

手順通り、やや丁寧目にやってもここまで15分は掛からないな(笑)

Mujimarshmallowchocolatebar

あとは全体が固まるまで40~50分冷蔵庫で冷やして、八等分にカットしたら
ラッピング袋に入れて出来上がり !!! 所要時間 約60分 ほぼ冷やす時間

Mujichocolatebarkit

柔らかいマシュマロの食感と、フィアンティーヌのサクサクした食感が楽しめる、
ビターチョコのマシュマロチョコバーの完成です (v^ー゜)!!

2016年2月 6日 (土)

東谷山フルーツパーク 世界の熱帯果樹温室

名古屋市東谷山フルーツパーク
東谷山周辺に存在する古墳群の一つ 前方後円墳をモデルに作られた
大小2つのドーム型の温室 世界の熱帯果樹温室

外はまだまだ寒いけれど、ぽかぽか温室の中で
お馴染のバナナをはじめ世界の珍しい熱帯・亜熱帯性果樹を見ることができます。

P13116931

年平均気温20℃以上の熱帯・亜熱帯地方は果実の宝庫 

P13117021

P13117051

基本的にグリーンセンターなどで売られている果樹は、家庭でも育てられるもの。
見慣れない果樹は、やはり管理された温室でないと育たないものだと考えて良いらしい。
土日はボランティアガイドさんがいて、詳しく説明していただけます。
花の少ない今の時期も、ここでは珍しい花がたくさん咲いていました。

P13117081

P13117121

P13117181

P13117231

観賞植物 “モンステラ” 1985年にオープンして30年 大きく育ったモンステラには実が生っていました。 滅多に食べることができない幻のフルーツは
バナナとパイナップルをたしたようなお味だとか。

P13117261

5cmほどの黄色い実になる フトモモの花

P13117271

輪切りにすると星型になるところから “スターフルーツ” と呼ばれる ゴレンシ

P13117331

東南アジアや中南米などの熱帯・亜熱帯地方に自生する植物で、果実を生食や加工して食用にするものを、一般的に熱帯果樹とよぶそう。

コーヒーノキ、ミラクルフルーツ、ブッシュカン、パラミツ、ヒョウタンノキ、ピタンガ ・・・
日本ではあまり見ることができない熱帯地域の花や実が見頃です。
寒さを気にせず(笑) 楽しみながら観察できました(*^ー゚)b!!

3/6(日)まで、お子さまを対象にした温室おえかき大会開催中

開園時間 9:00~16:30  月曜定休
温室観覧料 大人300円 中学生以下無料

東谷山フルーツパーク

この時季だけのお楽しみ お一人様2本まで 行列ができる焼き芋♡

Yakiimo

2016年2月 5日 (金)

余寒お見舞い

名ばかりの春ですが、

コロンとした黄色が可愛い上品な甘い香りのロウバイや、早咲きの淡いピンクのウメに
春の始まりの柔らかなパワーをもらえるよう。

Roubai

Ume

まだしばらく寒そうですが
暖かくなる日を待ちながら、どうぞお大事にお過ごしくださいませ。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »