無料ブログはココログ

« さくら 2016 | トップページ | 勝川カフェmon 小豆ミルク »

2016年4月13日 (水)

百々ヶ峰 春登山

岐阜県岐阜市の最高峰 百々ヶ峰(どどがみね) 標高417.9m
岐阜市のシンボル的存在 金華山と長良川を挟んで対岸にあって
金華山より 90mほど高いお山

4月9日(土) 初夏を思わせる日差しが眩しい山日和。
名古屋第二環状勝川IC ~ 一宮IC 岐阜方面へ 
百々ヶ峰山麓 松尾池にある岩舟荘の看板を目印に曲って駐車場へ。
車がすれ違えないような狭い道と、少ない駐車場で、桜が見頃の先週ならきっと大変なことになっているだろうなと思いつつ、ラッキーな1台分の空きスペースに駐車。

ぎふ水と緑の環境百選に選ばれる松尾池ののどかな風景を堪能して山歩きスタート。

駐車場9:10・・・松尾池東屋9:20・・・岩場・・・見晴岩9:50・・・10:25百々ヶ峰山頂10:50・・・いこいの森・・・白山展望台11:25・・・東海自然歩道・・・萩の滝12:00・・・岩舟荘12:15・・・駐車場12:20

Matusoike914

池の周辺案内マップから右手に行けば東海自然歩道 萩の滝コース。
左に行くと マップには書かれていない岩場がある南陵直登コース。
下からでもよくわかる岩肌 松尾池東屋裏手の登山口からすぐに急な登りです。

1214

いきなり大きなおシリ写真でゴメンナサ~イ m(_ _)m 登り始めて10分もすれば岩場に

940

3年前に登ったときは恐々及び腰だったけど、下を見なければ随分克服できたかな ??

950

岩場の終わりは大きく眺望が広がる絶景ポイント見晴岩 長良川と金華山を望む
こちらのコースは金華山との背比べが楽しい ここで同じ目線くらいでしょうか

1005

1010

前に登ったのは冬で、暖かな日差しを浴びて気持ちが良かったけれど
この日はたっぷりと汗をかくほど暑い。 ここからしばらく自然な登山道 急な登りが続いて暑さと疲労で まだかなまだかな状態でもくもくと。
休憩含め約1時間ほどで山頂に到着です。 百々ヶ峰山頂

1034

1036

展望台もあり、広さもあるけれど、次々と登ってくる人で常に山頂はいっぱいです。
お昼にはちょっと早いが、おやつ代わりにおにぎりとサンド、しばしの休憩のあと
下りは、いこいの森から東海自然歩道に合流して岩舟渓谷を歩くコースで。

1155

桜の花びらが舞い、青もみじが美しい東海自然歩道

1153

沢沿いの道を歩くと少し小さめの滝 水が綺麗で冷たい♡

1157

そして 松尾池の奥 約100mほどの位置にある 萩の滝

1204

1207

1213

久しぶりの山歩きで、登りはかなりきつく感じたけれど、それをすっかり忘れるほど 下りは静かな自然の中 ゆっくりのんびり1時間半ほどかけて下山。
川の流れる音、鳥の鳴き声、木漏れ日、キラキラの水しぶき、風に舞う桜の花、鮮やかな新緑 見るもの聴こえるもの全てがリフレッシュになりました。

*** おいしいオマケ ***
岩井 かさ神 門前茶屋 でいただいた とふでんがく
香ばしく焼けた甘めのお味噌で菜めしがすすむ。 何本でもイケそうな美味しさでした

Tofudengaku

« さくら 2016 | トップページ | 勝川カフェmon 小豆ミルク »

お山」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

これからは、自然を楽しむのにいい季節ですね。
汗が心地よい。
頂上から見下ろす光景は、王様気分かな。
でんがく…何本でも、何杯beerでもいけそう。

soko2さん

久しぶりにいい汗をかきました。
暑過ぎず、空気も爽やかで、自然を楽しむのにいい季節になりました。
ただ 虫がsweat01 頂上からの眺めも
やたらと虫がまとわりついて落ち着かない感じで (^-^;
でんがくと一緒にbeer余程飲もうか迷いました(笑)

登りは凄いハードだけど、下りはのどかでマイナスイオンも浴びれて、良い山ですねgood
この時期の登山は新緑も綺麗で、気持ちよさそうですね!
虫がいなければ・・・(笑)

ももさん

初めて登ったときは、冬で寒々しくて岩場が怖かったけど
今回は落ち着いて登ることができました
たっぷりかいた汗も、下りの清々しい風で気持ち良かったです (*^▽^*)
虫はなかなか克服できない・・・sweat02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/64908968

この記事へのトラックバック一覧です: 百々ヶ峰 春登山:

« さくら 2016 | トップページ | 勝川カフェmon 小豆ミルク »