無料ブログはココログ

« 甘味処 古今茶家 | トップページ | 庄内緑地バラまつり »

2016年5月16日 (月)

窯垣の小径散策と染付体験

やきもののまち 愛知県瀬戸市
使わなくなった窯道具(ツク、タナイタ、エンゴロ)で作った塀や壁 “窯垣” が残る洞町
窯垣の小径 ホラマチ カマガキノコミチ を散策

規則があるようなないような ?? 窯道具を積み上げた独特の模様が美しい
窯垣の細い路地を、昔は陶磁器を運ぶ荷車や天秤棒をかついで往来したそうです。
静かで風情ある散策路

Kamagakinokomichi

Kamagakinokomichi2

Kamadogu

本業窯 江戸時代後期から使用される瀬戸を代表する連方式登窯
昭和24年に再構築されて昭和54年まで 主に陶器やすり鉢、かめなどの製品を焼成
当時の姿をとどめる貴重な洞本業窯

Horahongyogama

こういうものを見ると何かしらやってみたくなるのが常
窯垣の小径を離れ 郷愁漂う商店街へ
招き猫ミュージアムで、楽しげな染付体験をやっているではありませんか ヽ(´▽`)/

Sometsuketaiken

夏季限定の猫顔風鈴 体験料600円
併設のカフェでコーヒーを飲みながら(お茶代別) ゆっくり染付体験。
猫好きさんにはたまらない コーヒーカップも猫型ですよ !!!
猫顔は、首輪なしの大サイズと、首輪ありのやや小ぶりサイズ 2種類から選べて
首輪ありは基本のガイドライン付き。 他に顔の描き方見本もあるので安心です。

Nekofurin

初めは和気あいあい会話も楽しく進むのだけど、だんだん寡黙に。。。
思うように描けないというか、こういうときに発想の乏しさを感じるわ (;´д`)トホホ… 

Nekofurin2

それでも見本を頼りになんとか完成 !!! 焼き上がりまでに1ヶ月ほど待ちますが
今年は涼やかな音色で夏を乗り切れそうです。

« 甘味処 古今茶家 | トップページ | 庄内緑地バラまつり »

お出かけ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
 
そうですね〜 焼き物のことを おしなべて「瀬戸物」と言いますものね。
御地は焼き物で有名な場所が多いですね。
 
洞町窯垣の小径。
風情があって いいですね(o^-^o)
以前、常滑に行ったことがあるのですが
あちらでも陶器の廃材?を利用した散歩道がありました。
 
そして、染め付け体験。
まぁ、なんて可愛らしい shine
お上手ではありませんか。
きっと例年より涼しい夏が過ごせるはずです。
 
焼き上がったら またご紹介くださいね♪

花mameさん

こんにちは
瀬戸焼、常滑焼、美濃焼と 焼き物産地が近いですね。
常滑の焼き物散歩道は、主に焼酎瓶だったかしら
こちらは少しコンパクトにした感じですが
独特の雰囲気と窯業の歴史が伝わる素敵な町でした。

染付体験 顔のガイドラインがあるにも関わらず
難しいものですね(@Д@;
ああすればよかった、こうすればよかったと
後で反省ひとしきりでした(笑)
可愛く出来上がっていたら、また見てくださいねcat

こんばんは。
こういう風景にはなんともいえぬ懐かしさと安心感を感じます。
やはり私自身が美濃焼主産地の生まれだからでしょうか(笑)
焼き上がりが楽しみですね。

いかさまさん

こんにちは
心落ち着く郷愁漂う風景
美濃焼で慣れ親しんだ、いかさまさんなら
なおさら懐かしく感じるのでしょうね ^^

上手く焼き上がると良いのですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/65512962

この記事へのトラックバック一覧です: 窯垣の小径散策と染付体験:

« 甘味処 古今茶家 | トップページ | 庄内緑地バラまつり »