無料ブログはココログ

« 猫風鈴 | トップページ | すもも酢 »

2016年6月23日 (木)

モザイクタイル ミュージアム

岐阜県多治見市笠原町 美濃焼 タイルの町として知られる笠原町に
6月4日 OPENした 多治見市 モザイクタイルミュージアム

タイルの生産量日本一を誇る笠原町
組み合わせ方によって芸術的な造形が生まれるタイルアートが好きで
以前にも笠原を訪ねたことがあったけれど
立派なミュージアムが出来たということで早速行ってきました。

まず驚かされるのは町の中に突如現れたお山 ??

Mozaictilemuseumtajimi

この不思議な外観はタイルの原料になる採土場のイメージなんですって
近くまで行くと無数のタイルが埋め込まれています。
外からではわかりませんが4階建て
中に入ると、展示室に続く 登り窯のように造られた大階段も見もの。

4階展示室 天井には大きな穴 !? 自然光を取り込んで白いタイルが映えます。
様々なタイル張り製品や、タイル絵 セレクション

Mosaictilemuseumtajimi2

色も形も大きさも本当に色々なタイルがあるものです タイルのカーテン 

Mosaictilecurtain

廃業した銭湯や、個人宅などで実際に壁面を飾っていたタイル絵の数々

Castle

Marilynonroe

3階 製造に必要な機械や道具、工程や歴史の展示室

Mosaictile

2階では最新タイル情報がわかります

1階は体験工房とお土産ショップ
モザイクタイル 一袋詰め放題540円 せっかくタイルの美術館に来たのでね
何か作りたいと、好みの色合いのタイルを適当に詰めたはいいけれど
家に帰って数えてみたら なんと99個 ・・・ ちゃんと数えて入れるべきでした。。。

Mosaictilerecipe

Mosaictile_2

ショップで買って、すぐに体験工房で作れるものもあるそう。
これから 夏休みの工作や、
自由研究のテーマにも良さげな、学んで楽しめるミュージアムでした。

* モザイクタイル 表面積が50㎠ 以下の小ぶりなタイルのこと

モザイクタイルミュージアム

« 猫風鈴 | トップページ | すもも酢 »

お出かけ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

何だこれは(゚д゚)!
四階建ての建築物?張りぼてじゃないですよね?(笑)
タイルで絵が描けちゃうんですね
モンロー凄い!

詰め放題で99個(笑) 
一つ足りないなんて、めっちゃ悔やまれますねsweat01

ももさん

側面がどうなってるのか、確認するのを忘れましたが
インパクトのある建物ですよねw(゚o゚)w

タイル絵 近くで見ると本当に一つずつのタイルなのに
遠くから見ると
色の濃淡や組み合わせで、ちゃんと遠近感も出てて凄いです
根気のいる作業だと思いますが(^-^;

99個 めっちゃ悔やまれます(笑) どうしたもんか思案中sweat02

こんばんは♪
 
おぉ、さすが焼き物の お土地柄、タイルの生産地なのですね。
昔、お風呂がタイル貼りでしたし、
ご近所で家を壊した所には 必ずタイルが落ちていたものです。
綺麗なタイルが大好きでした。
なので、ここに行くと きっと しばらくは離れられないのではないかと思います。
 
99個でしたかぁ。
でも、詰める時に 数は数えませんよね。
どれだけ詰められるかばかりに 気が行きそうです (o^-^o)

花mameさん

こんばんは
お風呂やトイレ、流し台 水回りにはタイルが好まれたようですね。
水や熱に強いだけじゃなく綺麗ですものね。
昔使われていたというタイル製品は、懐かしい中に新鮮さもあって
レトロモダン?? っていうのかな 素敵でしたよ。

そうなんですよぉ 詰め放題は詰めることに集中していますから(笑)
99個も詰められたことを喜ばなきゃいけないかなwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/66051068

この記事へのトラックバック一覧です: モザイクタイル ミュージアム:

« 猫風鈴 | トップページ | すもも酢 »