無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

招き猫まつり顔ハメ看板

先日某番組で “顔出し(ハメ)看板” を見つけたら、顔を出してみる派?みない派?トークで盛り上がっているのを見ましたが、私は出してみる派です。

夢中になった一時期ほどではないにしろ、
今も見つけると、あっ!ある!って感じでしょうか
見ず知らずの方に写真をお願いするのは、ちょっと恥ずかしいので
連れがあるときだけ それもなるべく誰も見ていなさそうなときにコッソリと
顔を出してて可愛いには、とうが立ち過ぎていますのでね(*´v゚*)ゞ

来る福招き猫まつり in 瀬戸 9月25日

Manekinekokaodashi

名古屋弁満載の顔ハメ看板
おばあちゃん世代が使っていたような名古屋弁なので、調べないとわからないものもあったけれど、イラストと照らし合わせるとだいたいこんな意味かしら ^^

ねこなし ・・・寝ないで  よおけ ・・・ たくさん  ぶったる ・・・ 捨てる
ねぶる ・・・ 舐める  いのっちぎり ・・・ 一生懸命 ??
ばんげのまわし ・・・ 夕飯の支度  なすび ・・・ ナス  ぬくたい ・・・ 温かい
くろにえる ・・・ あざになる ??  
どえらいうまい ・・・ 凄く美味しい  どえらいえらい ・・・ 凄くしんどい
こわい ・・・ 硬い  たんちん ・・・ 間抜け ??  だちかん ・・・ ダメ ??
ちんちん ・・・ 熱々  さむけぼろ ・・・ 鳥肌  おそがい ・・・ 怖い
ごがわく ・・・ 腹が立つ  もおやあこ ・・・ 仲良く分け合う ??
けなるう ・・・ 羨ましい  ぐろ ・・・ 隅 ??  ほや ・・・ そうそう

楽しい猫の顔ハメで、たくさん福がやって来ますように。

2016年9月24日 (土)

くにくに展

歌川国芳、歌川国貞 江戸時代後期を代表する二人の浮世絵師
ボストン美術館所蔵の浮世絵から選りすぐりの作品170件を展示
名古屋ボストン美術館で開催中の “俺たちの国芳 わたしの国貞”

こんなにたくさんの浮世絵を一度に見るのは初めて
詳しくないのに、色鮮やかで奇抜な、不思議な魅力に一気に惹き込まれます。
解説に、現代的でポップなルビがふられているのもユニークで
“幕末の浮世絵両雄 (ツートップ) が激突 (マッチアップ)。”
髑髏彫物伊達男 (スカル&タトゥー・クールガイ)とか
歌舞伎の千両役者(アイドルスター)、ご贔屓筋(ファンクラブ) と  現代にも共通する、江戸の大衆文化(ポップカルチャー)の世界はわかりやすくて、入りやすい。

Kunisadakuniyoshi

江戸っ子気質の国芳と、柔和温順な国貞と、正反対の性格といわれる二人の作品の
比較展示でそれぞれの個性が際立ちます。
大胆なのに細かいところまで描かれ、多色摺り木版画の工程を見ると、
よくこんなことができるものだと目を見張る。

音声ガイドのナビゲーター中村七之助さんの語り口もぴったりで、
一緒に収録されたB's松本さんの展覧会のイメージソングは、さらに臨場感を加えます。
美術館で音楽を聴きながら鑑賞するのも初めて! ロックな浮世絵も凄くいい !!!

江戸風ファッションで、国芳・国貞の作品になりきるコーナーも

Ukiyoe

江戸コーデに挑戦して、立体浮世絵 ?? 世界観を満喫できそうです。

Edocoordi

俺たちの国芳 わたしの国貞
名古屋ボストン美術館 2016.9.10(土)-12.11(日)

2016年9月23日 (金)

ポール・スミス展

ポール・スミス展 “HELLO MY NAME IS PAUL SMITH”
HELLO Nagoya

京都、東京に次いで、いよいよ名古屋にやってきました。
イギリスを代表するファッションデザイナー ポール・スミスの魅力が詰まった展示会が
松坂屋名古屋店南館7階 松坂屋美術館で開催中。

Hellonagoya

Hellopaulsmith

Paul's Office ロンドンのオフィスを完全再現 インスピレーションの源
世界中を旅して集めたという 物で溢れています。
じっくり見ると細々といろいろな物があって面白い。 うさぎモチーフが多く見られます

Paulsoffice

Inside paul's head 頭の中に浮かんでくるイメージを映像インスタレーションで

Insidepaulshead

Design Studio ポール・スミス社のデザインスタジオを再現

Designstudio

Collaborations ストライプ柄のミニ 他
オートバイ、カメラ などコラボレーション作品が多数展示されています

Paulsmithmini

ただ見るだけではなく、物を観察することで、さまざまなインスピレーションを生み出してるんですって。

“夢を叶えたい全ての人に見てほしい” というコンセプトで
わずか3m四方の1号店、初めてのショールームとなったホテルのベッドルームの再現
自身の絵画や写真のコレクション、ファッションショーの舞台裏 など
ユニークで多彩なポール・スミスさんの世界が楽しめました。

Paulsmithearphone

先着1万名様にプレゼント HELLO GOODBYE のオリジナルイヤホン ヽ(´▽`)/
自分のスマホで、松田翔太さんがナビゲートする無料音声ガイドが聴けます。
写真撮影自由 (ただし、フラッシュ、三脚、自撮り棒などは禁止)
2016年9月11日~10月16日(日) 松坂屋美術館

2016年9月19日 (月)

食い倒れの街

大阪の食い倒れ 実践備忘録

一番の目的は さておき
せっかく行くのなら、なんばグランド花月の公演を観ましょうと
前売りチケットを買って大阪へGO 9/17、18日 2日間の食道楽のスタートはここから

なんばグランド花月名物 “千とせべっかん” 肉吸い と 小玉

Kuidaore1

道頓堀 “かに道楽” タラバかに炭火焼 西心斎橋 “元祖 味穂” ダシたこ焼き、どて串

Kuidaore2

中津 “料理舎 ドラキチ” 旬野菜の盛り合わせ、水ナス、ロールキャベツ、日本酒で

Kuidaore3

“フスマにかけろ中崎壱丁” 中崎商店會1-6-18号ラーメン 塩らーめん+煮卵、夏そば

Kuidaore4

中崎町 “大阪浪花家” たい焼き、かき氷宇治金時

Kuidaore5

大阪天満宮近く “words cafe ワーズカフェ” カツサンド

Kuidaore6

あちこち商店街を歩きながら、食欲の秋を口実に、まぁ よく食べました (*´v゚*)ゞ

Osakakanko

いっぱい食べたのに お土産もこんな感じで ( ´艸`)プププ

Omiyage

2016年9月15日 (木)

お月見

実りの秋に感謝して 月を眺める

満月の日は17日だそうだけど ほぼ満月

9月15日 夜8時頃の勝川の空 雲の切れ間から顔を出したお月様

20160915meigetsu

美味しいお月見 月も良いけど団子もね !!!

Otsukimidango

2016年9月14日 (水)

栗アイス

台風や長雨 すっきりとしない天気のうえに、まだまだ暑いので
冷たいスイーツの中に小さな秋を見出すのが嬉しい confident

ご近所カフェ 勝川カフェmon のスイーツセットも、秋バージョンに変わっていました。
ワンプレートの中に秋の味覚を少しずつ日替わりで。

大好きな組み合わせで、大当たりの日(笑)
ここの栗アイスは、栗味+粒々入り。 冷たいのに栗感がしっかり伝わる逸品 !!!
日替わりスイーツセット 1ドリンク付きで 880円

Sweetsset

こちらは 道の駅 志野織部 でいただいた マロンモンブランソフト
バニラソフトの上に、マロンクリームを絞り出した、ケーキのようなソフトクリーム。
ふわっと口に広がる味わいは、栗というよりはやっぱりマロンね ( ´艸`)プププ
お値段 350円だったかな ??

Montblansoftmarron

カップアイスにしては、少々お高めだけれど
ミルキーなバニラアイスに、甘露煮の大きめな栗がゴロゴロ あと引く美味しさ♡
京都 北尾の利久栗アイス 300円(税別)

Kitaokuriice

一口に栗のアイスと言っても、いろんなタイプがあって面白い。
食べ比べるとそれぞれ違った美味しさがあって
ますますアイス好きになりました~ (◎´∀`)ノ

* 値段は更新時のものです

2016年9月12日 (月)

秋といえば

秋の味覚といえば〇〇 のアンケート

1位 秋刀魚、2位 栗、3位 松茸 なんですって

たっぷりの大根おろしでいただく秋刀魚の塩焼き
ホクホクの栗ごはんや、栗スイーツ 大好き !!! 秋の間に結構口にするけれど

1年に1度だけ、ここに来て食べることが恒例になってきた
岐阜県瑞浪市 鬼岩公園 “レストランおにいわ” の松茸料理

時季が来ると忘れずに 割引券付き案内ハガキが届くのでね
早速 秋の味覚の王様 ?? をいただいてきました ヽ(´▽`)/

Matsutake

Matsutaketeisyoku

巨岩怪石がおりなす景勝地 飛騨木曽川国定公園 鬼岩公園

Oniiwa

山登り装備はして来なかったので、散歩道を少しだけてくてく。

Oniiwapark

Oniiwapark2

Oniiwapark3

行楽の秋でもあるものね *^▽^*  まだ日差しは暑かったけれど
巨岩ゴロゴロ、緑が映える自然美を楽しんでまいりました。

Oniiwatekuteku

2016年9月10日 (土)

銀杏(いちょう)の実

銀杏(いちょう)の木になる銀杏(ぎんなん)を取り出す前の実

Ginnan

雄の木と雌の木があって、実がなるのは雌の木だけと聞くけれど
私が歩いた通りのイチョウは、どれも
黄色いさくらんぼのような形をした実が、こんなにたわわに。

Ginnan2

Ginnan3

Ginnan4

日当りの差で、黄葉や、実の熟し方に差があったけれど

一粒で秋を感じさせる季節食材
銀杏(ぎんなん)がいただけるのも、もう間もなくでしょうか ??

空はすっかり秋の空でした *^▽^*

Urokogumo

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »