無料ブログはココログ

« ayam アイシングクッキー | トップページ | 秋といえば »

2016年9月10日 (土)

銀杏(いちょう)の実

銀杏(いちょう)の木になる銀杏(ぎんなん)を取り出す前の実

Ginnan

雄の木と雌の木があって、実がなるのは雌の木だけと聞くけれど
私が歩いた通りのイチョウは、どれも
黄色いさくらんぼのような形をした実が、こんなにたわわに。

Ginnan2

Ginnan3

Ginnan4

日当りの差で、黄葉や、実の熟し方に差があったけれど

一粒で秋を感じさせる季節食材
銀杏(ぎんなん)がいただけるのも、もう間もなくでしょうか ??

空はすっかり秋の空でした *^▽^*

Urokogumo

« ayam アイシングクッキー | トップページ | 秋といえば »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは かちがわまなこさんsign01

以前書いたことがありますが、イチョウの雌の木は枝が横に雄の木より広がっています。happy01

京都の古い通りでは1対1くらい雌雄株がありますが、お店の近くは雄の木ばかりで実がなく殺風景です。happy02

実が落ちると臭いので、そんなところでは雄の木を接ぎ木して雄ばかりにしているようです。wink

銀杏がなっている方が風情があり、良かったですね。smile note

こんにちは
枝の広がりを見れば雄雌の木がわかるのですねshine

愛知県は銀杏生産量日本一の祖父江町がありますが
私は、落ちる前の実がこんなにたくさんなっているのを見たのは
初めてで驚きました。

臭いを考慮して雄の木ばかりというのも寂しい気がしますが
お店の近くは仕方がないのかしら 強烈な臭いですものね(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/67434871

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏(いちょう)の実:

« ayam アイシングクッキー | トップページ | 秋といえば »