無料ブログはココログ

« つづはらいちご狩り | トップページ | シュトーレン »

2016年12月 5日 (月)

愛岐トンネル群と玉野古道を歩く

旧国鉄中央西線 廃線とトンネル群保存再生プロジェクト 愛岐トンネル群

現JR中央線の名古屋 - 多治見間のうち
新線建設で1966年廃線になった高蔵寺 - 多治見の間に
記憶から忘れられていた約8kmの廃線路と13基の総赤レンガトンネルが残っています。
40年を経て、調査、整備され2008年から春・秋 年2回一般公開されるようになりました。

今年も秋の特別公開期間
愛知県側にある廃線路と3号~6号トンネルを、自然と渓谷美を楽しみながら歩きます。

スペースワープ ?? のような写真になりました(笑)が
茂った藪の中に半世紀ちかく眠っていたトンネルです。
ここに来るのは5回目くらいになると思うけれど、
トンネルを抜けた向こうにある景色にワクワク。

Spacewarp

庄内川(玉野川)渓谷とモミジが織り成す美しい景観

Miyoiomomiji

Miyoiomomiji2

できる限りの装飾を施されたトンネルの入口は、同じデザインがなく
レンガの外装、内装とも崩落もほとんどなくほぼ原形の姿のままなのだそう。

Aigitunnel

Aigitunnel2

Tamanokeikoku

山に囲まれた陶磁器の集散地多治見から名古屋へ
熱望された平坦な道は、開通後間もなく中央線敷設工事で寸断され
古虎渓 - 定光寺間は幻の街道に。 川沿いの豊かな自然が楽しめる玉野古道

Tamankodo

Tamankodo2

Tamanokodo3

訪れるたび整備され、より安全に歩けるようになった気がします。
普段は立ち入り禁止の場所で、贅沢な自然景観を満喫してまいりました。

Jyokojistation

愛岐トンネル群

« つづはらいちご狩り | トップページ | シュトーレン »

お出かけ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
中央線の複線電化とともに新線に切り替わった区間ですね。
今は長い複線用トンネルでまっすぐ貫いていますが、昔の
線路は、トンネルの合間からこういう風景が垣間見えたの
だと想像すると、ちょっとうらやましく感じます。

いかさまさん

こんにちは
勝川駅周辺再開発で駅舎が新しくなるときに
当時使われていた赤煉瓦がきっかけで
ここが整備され公開されるようになったということで 興味深く
毎年この景色を見るのを楽しみに訪れています。
勝川から近いのに
のんびりと旅をしたような醍醐味を味わえる素敵な風景でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/68649137

この記事へのトラックバック一覧です: 愛岐トンネル群と玉野古道を歩く:

« つづはらいちご狩り | トップページ | シュトーレン »