無料ブログはココログ

« 鼻笛フッピー | トップページ | 桜開花宣言 »

2017年3月27日 (月)

アサヒビール工場見学

3月17日に発売30周年を迎えた アサヒスーパードライ
アサヒビール名古屋工場へ 工場見学に行ってきました

ビールの製造工程やミニ知識紹介の見学コース
見学後は、工場できたてのアサヒスーパードライの試飲
所要時間約75分 もちろん 無料です

春休みに入って工場見学も混みあう時期だけれど、ファミリー参加は1組だけで
ビール工場はお子さまの影響はそれほどないのかも ??

麦汁にビール酵母を加えて発酵と熟成を行う “野外発酵・熟成タンク” がお出迎え
タンク1本に、350ml缶ビールに換算して、毎日1本ずつ飲むと
飲み干すのに約4000年かかるビールが入っているそう w(゚o゚)w
この巨大なタンクを間近で見られるのは名古屋工場だけなんですって
主原料の麦芽に触れて、試食して ホップにも触って匂いをかぐ。

Asahibeer

仕込室 → 品質管理室 → ろ過室 → 缶詰工程
土日は製造ラインがお休みなので、施設設備を通路から見て
360°マルチアングルバーチャルビジョンの映像で動いている様子を確認。
1回ポンと手をたたく間に25本だったかしら ?? 目が回るスピードで缶詰されていきます。

副産物、廃棄物再資源化、排水処理、完全ノンフロン化など
たくさんの環境への取り組みも紹介してもらって

いよいよ マッテマシタ !!! できたて生ビールの試飲です 20分間 一人 3杯まで

Asahibeer2

1杯目は、アサヒスーパードライ。 2杯目は、ビアホール仕立ての黒 ドライブラック
3杯目 深みを極めたドライプレミアム 豊醸 アルコール分6.5%
グラス1杯 約300mlということだったので、さすがになみなみ3杯は無理
半分ずつ注いでもらって3種類全てをいただきました。
やっぱり スーパードライかな すきっとクリアな鮮度を実感しました (*^ー゚)b!!

Asahibeer3

グラス半分でも、きめの細かい綺麗な泡が、黄金比でできていて流石プロです♡
空気に触れるとビールが酸化して味が落ちるのを防ぐのが “泡のふた”なんですねー。

Asahibeer4

終了後は、工場ならではのお土産をギフトショップでお買い物。
試飲のおつまみに出た おかきが美味しかったので、それも含めあれこれ
工場見学が無料でも、結局こういうところでお金を使ってしまうのだけど(笑)

Omiyage

車の運転の人やお子さま 他 酒類が飲めない人は
ノンアルコールビール、ソフトドリンクも各種 3本まで

ビールが飲めても飲めなくても楽しめる “アサヒビールができるまで”
鮮度にこだわったおいしさの秘密を、しっかり見てきました (v^ー゜)!!

アサヒビール名古屋工場 工場見学  要予約

« 鼻笛フッピー | トップページ | 桜開花宣言 »

お出かけ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

こちらも近隣にアサヒのビール工場がありまして
ビール園も併設されており、できたて(?)ビールを味わえます
ビールが飲めた頃に行ったので、工場見学はあるのかないのか
まったく覚えてませんcoldsweats01
ただ、うまいっ!という記憶だけはしっかり残ってます

若かりし頃、ビールが苦手だったのですが
旅行先の札幌のサッポロビール園でビールを飲みました
衝撃を受けました
グデングデンに酔っ払うまで飲んでえらい目に遭いました
それぐらい違うんですよね~

今回のまなこさんの御姿サービスショットは
スーパードライカラーのコーディネイトですね

先日のコメのドライフラワーに大うけしましたgood
失礼を承知で
ビールで潤いましたね
いや・・・・利尿作用があるから逆効果?

beer まんたろうさん

そちらの工場にはビール園が併設されているのですね
それは できたての うまいっ!ビールが味わえるはずgood

試飲ではグデングデンに酔っ払うまで飲ませていただけませんが
普段は飲まない私も 3種類飲みたくなるおいしさでした
札幌のビール園なら尚更でしょう

無意識でしたが スーパードライに同化していますね(笑)
ほろ酔い 良い加減の潤いで写真に収まりましたが・・・
この後 すぐにトイレに走りましたよsweat01dash

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1518425/70062285

この記事へのトラックバック一覧です: アサヒビール工場見学:

« 鼻笛フッピー | トップページ | 桜開花宣言 »