無料ブログはココログ

お出かけ

2017年4月18日 (火)

はなももフェスタ

2005年に開催された “愛・地球博” 長久手会場跡地
愛・地球博記念公園 愛称 モリコロパーク

190ha 愛知県最大級の公園とあって、花も緑も盛りだくさん
ソメイヨシノの見頃は過ぎても、春は次から次へと花を咲かせます。

天気が良いのに家の中に居るのは勿体ないということで

“はなももフェスタ” へ GO! 花の広場 500本の ハナモモが満開
中国が原産地で 花を観賞するために品種改良されたモモなんですって。
実も生るが食べないらしい。 ほうき立ち性 テルテ(照手)

Moricoropark

ゲンペイ(源平) 紅白の咲き分け 源氏と平家の旗の色にちなんでゲンペイハナモモ

Gennpei

品種によって開花時期が微妙に違うようで 今は キクモモ(菊桃) が綺麗
花びらが菊のような形だから付いた名前かしら ??

Hanamomo

Kikumomo

Kikumomo2

Moricoropark2

これから見頃を迎える八重桜や芝桜も楽しみ

Yaezakura2

Yaezakura

気候の良い時期は何かしらイベントがあって、道路も駐車場も混雑するけれど
朝一スタートで、お花見ウォーキング。
園内バスが走るほどだから、なかなかの健脚者向け園路。
咲き誇る春の花を楽しみながらいい汗を流してきました🎵

愛・地球博記念公園 モリコロパーク

2017年4月 2日 (日)

犬山祭

ユネスコ無形文化遺産登録 - 針綱神社 祭礼 - 犬山祭

江戸時代から続く車山(やま)のお祭り

車山揃え 高さ8メートルもある3層の車山が13輌 一同に勢揃い 壮観です!

Dashisoroi

Dashisoroi2

笛や太鼓に合わせて からくりを針綱神社に奉納

Hono

人人人で近くで見られなかったのだけど、一気に車山を方向転換させる見どころ
“どんでん” の迫力の音だけはしっかり聞こえました。

Haritsunashrine

重さ5トン超の車山を豪快に持ち上げる “てこ” と呼ばれる力自慢の男衆がカッコイイ

Inuyamamatsuri2

Inuyamamatsuri

愛知県に住みながら初めて見る犬山祭
どこで見るのがベストポジションかもわからず、人の波に押されてきた感じ (@Д@;

地域が長年守り続けてきたお祭り
次は からくり人形の妙技や、提灯がともされた夜の車山も是非見てみたいです。

犬山観光情報

2017年3月31日 (金)

しだみ古墳群

古代ロマンを五感で体感 国史跡 歴史の里 しだみ古墳群

名古屋市守山区志段味(しだみ)にある名古屋市で一番高い山 東谷山(とうごくさん)
麓にあるフルーツパーク散策と合わせて、度々登っていたので
東谷山に古墳があることは知っていたけれど ・・・

平成26年10月に国の史跡に指定され
山頂から山裾、庄内川に沿って広がる河岸段丘上に分布する古墳群と
一帯の整備が行われていました。
しだみ古墳群は日本の古墳時代を知るうえで重要な古墳群なんですって。

古墳の復元、保存工事や、安全に見学できるよう環境を整える工事などを行って
平成30年度 歴史の里 フルオープンだそうです。

整備が進む様子を見ながらウォーキング

ヤマトタケル伝説が残る 前方後円墳 白鳥塚古墳

Shiratorizukakofun

Shiratorizukakofun2

東谷山散策路 山道 展望台 ヤマガラのひな

Tougokusan

南社古墳 中社古墳 尾張戸神社古墳
墳丘上に生えていた樹木を間伐し説明板が置かれていました

Shidamikofungun

中学の社会科 歴史 以来の古墳 ??  (*´v゚*)ゞ 埴輪とか  改めて振り返りながら
1300年以上の時を経て今も残る貴重な文化財と豊かな自然環境を体感してきました。

フルーツパークは春まつり 思いのままに咲き分ける花梅が満開の時
アンズ、スモモ、シダレザクラと見頃を迎えていきます

Tougokusanfruitpark

歴史の里 しだみ古墳群

2017年3月27日 (月)

アサヒビール工場見学

3月17日に発売30周年を迎えた アサヒスーパードライ
アサヒビール名古屋工場へ 工場見学に行ってきました

ビールの製造工程やミニ知識紹介の見学コース
見学後は、工場できたてのアサヒスーパードライの試飲
所要時間約75分 もちろん 無料です

春休みに入って工場見学も混みあう時期だけれど、ファミリー参加は1組だけで
ビール工場はお子さまの影響はそれほどないのかも ??

麦汁にビール酵母を加えて発酵と熟成を行う “野外発酵・熟成タンク” がお出迎え
タンク1本に、350ml缶ビールに換算して、毎日1本ずつ飲むと
飲み干すのに約4000年かかるビールが入っているそう w(゚o゚)w
この巨大なタンクを間近で見られるのは名古屋工場だけなんですって
主原料の麦芽に触れて、試食して ホップにも触って匂いをかぐ。

Asahibeer

仕込室 → 品質管理室 → ろ過室 → 缶詰工程
土日は製造ラインがお休みなので、施設設備を通路から見て
360°マルチアングルバーチャルビジョンの映像で動いている様子を確認。
1回ポンと手をたたく間に25本だったかしら ?? 目が回るスピードで缶詰されていきます。

副産物、廃棄物再資源化、排水処理、完全ノンフロン化など
たくさんの環境への取り組みも紹介してもらって

いよいよ マッテマシタ !!! できたて生ビールの試飲です 20分間 一人 3杯まで

Asahibeer2

1杯目は、アサヒスーパードライ。 2杯目は、ビアホール仕立ての黒 ドライブラック
3杯目 深みを極めたドライプレミアム 豊醸 アルコール分6.5%
グラス1杯 約300mlということだったので、さすがになみなみ3杯は無理
半分ずつ注いでもらって3種類全てをいただきました。
やっぱり スーパードライかな すきっとクリアな鮮度を実感しました (*^ー゚)b!!

Asahibeer3

グラス半分でも、きめの細かい綺麗な泡が、黄金比でできていて流石プロです♡
空気に触れるとビールが酸化して味が落ちるのを防ぐのが “泡のふた”なんですねー。

Asahibeer4

終了後は、工場ならではのお土産をギフトショップでお買い物。
試飲のおつまみに出た おかきが美味しかったので、それも含めあれこれ
工場見学が無料でも、結局こういうところでお金を使ってしまうのだけど(笑)

Omiyage

車の運転の人やお子さま 他 酒類が飲めない人は
ノンアルコールビール、ソフトドリンクも各種 3本まで

ビールが飲めても飲めなくても楽しめる “アサヒビールができるまで”
鮮度にこだわったおいしさの秘密を、しっかり見てきました (v^ー゜)!!

アサヒビール名古屋工場 工場見学  要予約

2017年2月24日 (金)

名古屋城 スターウォーズ展

名古屋城大天守閣で開催中のスター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。

スター・ウォーズの世界観を名古屋城で体感してきました !!!

全国巡回の展覧会も、お城を会場にするのは名古屋だけだとか。

Nagoyacastle223

Starwarsvisionsnagoyacastle

魅力あふれる登場人物、戦いの歴史などをテーマにした
エリアごとの懐かしい映像に釘付け。
日本の武士道に大きく影響を受けて映画ができたといわれるだけに
映画で実際に使われたコスチュームを見て、改めて 着物だ!兜だ!刀だ!(◎´∀`)ノ
日本髪もアレンジされていたのね。 お城の雰囲気にしっくりくること。
ミレニアム・ファルコンのミニチュアや、シリーズポスターも貼られ、ワクワクが止まらない
スター・ウォーズ展でした🎵

Starwarsvisions2

会場内は撮影禁止だけれど フォトスポットでライトセーバー初体験
ブン ブーン とか言いながらおもちゃで遊んだ昔を思い出しました(笑)

Starwarsvisions3

名古屋城 大天守閣 2階 企画展示室 2017.2.16 - 4.9 9:00 - 16:30
入場料 オマケシールが付いて 1,800円

Starwarsvisions4

2017年2月12日 (日)

福よせ雛

お雛様の役目を終えた雛人形たちのリサイクルプロジェクト “福よせ雛”

人形供養を受けた雛人形が、施設や地域の特色をいかしたお雛様に生まれ変わって
もう一度みんなに笑顔と福を呼ぶ 福よせ雛

名古屋市内を中心に様々な場所で、
雛段から降りた雛人形たちの次なる活躍が見られるようです。

Fukuyosehinaosu

訪れたのは大須商店街。
プロジェクトに賛同した25店舗で、お店の一部が展示会場に。

どこの店に展示されているのかはチラシを見ればわかるのだけど、
小道具や動きを加え、それぞれ工夫を凝らして飾ってあるので、
見つけたときの喜びはなかなかなものです。
新たな生活を楽しんでいるかのよう ( ´艸`)プププ

天津甘栗 今井総本家 で見つけた 看板雛
ミニチュアサイズの甘栗や、栗ソフト ・・・ みんなでお店の商品をPR

Fukuyosehinaimaisohonke

KOMEHYO にはカメラを構えるお雛様、大須 三輪神社には参拝するお雛様たちがいて

大須演芸場では、お雛様が演芸を楽しみます 画像はお借りしました

Fukuyosehinaosuengeijyo

お参りをしながら大須界隈をてくてく
雪が降ったり止んだり寒かったけれど、ちょっとほっこりさせてくれる福よせ雛でした。

Osukannon

福よせ雛プロジェクト

2017年1月 3日 (火)

渡辺直美's パーティー

多方面で活躍する渡辺直美さんの体験型展示イベント
“渡辺直美展 Naomis Party”

全国巡回の、イオンモール名古屋茶屋に行ってきました。

ピンク色にまとめられた会場は、パーティールーム、スウィートルーム、メイクルーム、シャワールームなどの部屋に分かれていて
それぞれにキュートでユーモアあふれる直美さんの独特なセンスを感じることができます。

写真や映像だけでもタジタジのド迫力 body
この体から繰り広げられるパワフルなパフォーマンスを一度は生で見てみたい。

Naomisparty

Naomisparty2

インスタグラムから厳選された大量のスナップ写真をバックに
メガ盛り 直美さんの大好物グルメと一緒に写真撮影

Naomisparty3

Naomisparty4

こんなこともしてみたり

Naomisparty5

顔出しパネルで 直美ボディになってみたり ヽ(´▽`)/巨乳ダ~

Naomi

遊び心がいっぱい 渡辺直美ワールドを楽しんできました♪

2016年12月21日 (水)

半田赤レンガ建物

愛知県半田市
明治時代にカブトビールの製造工場として建てられた半田赤レンガ建物
地上2階塔屋2階 煉瓦造 一部木造(ハーフティンバー構造)
国登録有形文化財・近代化産業遺産

耐震補強及び整備工事がされて、2015年から常時公開の観光施設として
建物の造り・履歴、カブトビールの歴史展示がされています。

横浜赤レンガ倉庫や日本橋 麒麟の翼と同じ設計者だそう
重厚感、趣がある建物。 夜のイルミネーション飾りが昼間見るとチョットなんですが・・・

Handaaredbrickbuilding

映画 “風立ちぬ” にも登場してして注目をあつめたカブトビール
醸造業が盛んな半田の地でビール造りが始まって
戦前の5大ビールメーカーの1社だったとは知らなかった(*´v゚*)ゞ

Kabutobeer

復刻したカブトビールがここでいただけます

Handaaredbrickbuilding2

クリスマスイベント開催中 赤レンガに囲まれたワークショップでモザイクキャンドル作り

Christmascandle

顔出しパネルも赤レンガ 赤レンガ・ホームズ ??
ものづくりを探究しようってことかな ツリーと一緒にクリスマス仕様で

Handaakarengakaodashipanel

現存する明治の貴重な煉瓦造の建物を訪れて
ものづくり愛知の先駆け ?? 心意気を感じてきました。

*** 美味しいphoto *** 初 知多牛♡

Chitagyusteak

2016年12月 5日 (月)

愛岐トンネル群と玉野古道を歩く

旧国鉄中央西線 廃線とトンネル群保存再生プロジェクト 愛岐トンネル群

現JR中央線の名古屋 - 多治見間のうち
新線建設で1966年廃線になった高蔵寺 - 多治見の間に
記憶から忘れられていた約8kmの廃線路と13基の総赤レンガトンネルが残っています。
40年を経て、調査、整備され2008年から春・秋 年2回一般公開されるようになりました。

今年も秋の特別公開期間
愛知県側にある廃線路と3号~6号トンネルを、自然と渓谷美を楽しみながら歩きます。

スペースワープ ?? のような写真になりました(笑)が
茂った藪の中に半世紀ちかく眠っていたトンネルです。
ここに来るのは5回目くらいになると思うけれど、
トンネルを抜けた向こうにある景色にワクワク。

Spacewarp

庄内川(玉野川)渓谷とモミジが織り成す美しい景観

Miyoiomomiji

Miyoiomomiji2

できる限りの装飾を施されたトンネルの入口は、同じデザインがなく
レンガの外装、内装とも崩落もほとんどなくほぼ原形の姿のままなのだそう。

Aigitunnel

Aigitunnel2

Tamanokeikoku

山に囲まれた陶磁器の集散地多治見から名古屋へ
熱望された平坦な道は、開通後間もなく中央線敷設工事で寸断され
古虎渓 - 定光寺間は幻の街道に。 川沿いの豊かな自然が楽しめる玉野古道

Tamankodo

Tamankodo2

Tamanokodo3

訪れるたび整備され、より安全に歩けるようになった気がします。
普段は立ち入り禁止の場所で、贅沢な自然景観を満喫してまいりました。

Jyokojistation

愛岐トンネル群

2016年12月 3日 (土)

つづはらいちご狩り

岐阜県多治見市廿原 廿原(つづはら)ええのうイチゴ園

我が家から車で30分ほどで行けるいちご狩り農園
12月に入って、色味を見ながらの予約が始まったようです。
今年は少し遅れているようなので、本格的な開業は数日先 ??
こまめに予約カレンダーをチェックしていた甲斐あって、3日、4日受付中↑↑を見つけ
今シーズン一番最初のいちごをいただいてきました (v^ー゜)!!

Tuduharaichigogari

1列のうちまだ白いのも多いのですが、完熟果は大きくて立派です。
足りないようなら他の列も開けていただけると言うことで、いちご狩り start !!!

Tuduharaichigogari2

甘くてジューシーで文句なしで美味しい♡
今シーズンから入園料金が1,500円→1,700円、制限時間が30分→40分に。
これまで、30分食べ続ける前にギブアップしてたから、
10分長くなったら写真を撮るにも余裕があるし、ヘタの数も数えたりして(笑)
本日キリよく、70個食べました ( ̄ー ̄)ニヤリ

Tuduharaichigogari3

予約が取りにくい人気のいちご狩り農園
本格的な開業前に、一足早く 満腹堪能 ご馳走様でした。

廿原ええのうイチゴ園

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー